お座席のご紹介

アリーナ席から2階席まで、たくさんの種類のお席がありますが、どのお席が良いのか迷ったら下記をご覧ください。

日本武道館は8角形

アジアオープンの行われる日本武道館は、8角形の形状をしています。図のように方角ごとに座席が配置されており、選手が踊るダンスフロアと同じ階にあるお席をアリーナ席、1階分上にあるお席を1階席、2階分上のお席を2階席と呼んでいます。


階数によって変わる見え方

アリーナ席、1階席、2階席によって、選手達の踊りの見え方は変わります。

  • アリーナ席・・・選手により近く、もっとも迫力を感じられます。ダンスフロアを真横から見ることになるので、平面的な見え方になります。
  • 1階席・・・フロアから1階分上にありますが、まだまだ間近に選手の踊りを見ることができるお席です。1階分上にある分、立体的な見え方になり、フロア全体を見ることができます。
  • 2階席・・・フロアから2階分上にあるお席です。少し遠く感じるかもしれませんが、オペラグラス等を使うとぐっと見やすくなります


お席ごとの詳細情報

各種お席の種類は、下記ボタンをクリックしてご確認くださいませ。なお、チケットについては、注文状況によってはご希望に添えない場合もございます。ご了承くださいますよう、お願いいたします。